自分でびわエキスを作る方法

湿疹・火傷・傷・手術跡・あせもから化粧水まで、びわエキスは最強の自然療法だと思います。


びわエキスは本当に効果実感が高い!

一度作ると長く使えて「びわエキスがある!」と思うととても安心なんです。
本当にお薦めの「家庭の常備薬」です。
 
びわ葉温灸療法体験談

びわの葉温灸療法(枇杷の葉のお灸)とは?


びわの葉について最初に興味をもったのが、ガンや難病に効くといわれる、びわの葉のお灸です。「びわの葉温灸って知ってますか?」

びわの葉を身体の悪い部分やツボに直接のせて、その上にもぐさを置き、びわの葉の薬効をもぐさの熱を通して身体に入れていくというもの。古来から続く有名な民間療法なんです。


今はびわの葉そのものではなく、温灸用の器具を使う方法が主流です。びわエキスを温灸器具上部のコットンに染み込ませて、温灸用の棒もぐさの熱を通してびわエキスを身体に入れていく方法です。







ビワ葉温灸療法 体験談


私は1度、このびわ葉温灸の施術を受けたことがあります。友人の付添いでお試しなので30分ほどでしたが、ほんとびっくりする体験でした。このお試しでビワの葉に興味を持ったくらい「びっくり!」

私は肩こり首凝りがひどいので、上半身(特に背面)を集中的に温灸をしていただきました。温灸なので直接もぐさが身体にあたるのではなく、温灸器具の中に火がついた棒もぐさが入っていて、身体に当てる部分にはクッション性のある穴があいた蓋がついています。

蓋の近くには、びわエキスをしみ込ませたコットンがあります。その蓋部分を身体のツボに直接あて、棒もぐさの熱で1か所につき数秒間、びわエキスの薬効を身体に入れていきます

<→家庭で簡単!ビワエキスを作る方法>


ちょうど、「温かい→熱くなってきた→熱い!」くらいの所(数秒)で次のツボに移動するので、痛くない、こわくないです。この温灸は効果の出方は本当に千差万別。1・2回目で劇的に効く人と5・6回くらい通ってなんとなく効果を感じる人もいるそうです。

もちろん全ての人・症状に効くものではありません。


先生に聞いた話だと、関節リウマチの痛み軽減、ガン再発防止とガンの痛み軽減、未病改善などが代表的で、その治療院では糖尿病が改善した人・顔面神経麻痺が治った人などもいて、肩こり腰痛やアトピー、冷え性の人も多数通っているそうです。

どんな症状もある程度通わないと効果は持続しないそう。



でも私はたった1回で効果を実感できたんです。まあだから、びわエキスを作っちゃったんですが。。。

たった1回で凝り固まっていた肩こりが!!。力が抜けきって、腕がだらんとなって30分くらい腕に力が入りませんでした。。


1回で肩こりがなくなることはありませんが、ヨガで「肩の力を抜いて」と言われても、肩が凝り過ぎてどうしたら力が抜けるのがわからなかったのですが、「これが肩の力を抜いた状態か!」と理解することができました。

でも翌日元に戻りましたが。。。たった1回じゃあね。

私のように劇的に効かなくても、誰でもリラックスできて気持ちいいんじゃないかなと思います。身体が温かくなり、力が抜け、ほんとリラックスします。
それにもぐさの匂いは好き嫌いがあると思います。髪の毛に匂いがついちゃいます。ただその匂いも吸い込むと体に良いと先生は言っていましたが。。。

ちょっと残り香がきついですね。お出かけ前には行けないレベル。


ビワ葉の温灸院の選び方としては「治ります!」と言い切る所はあやしいかも?!
きちんと丁寧に説明してくれるところを選びましょう。あと保険診療ではなく基本的に自費です。だから治療中に健康食品をしつこく勧められるところもあるそう。

信頼できる所を見極めましょう。
それと治療を受けるなら、たった1回で効果を判断しないこと。気持ちいいと感じ、匂いも抵抗なければせめて5回くらいは通ってみては?

でも何事もストレスになっては意味がないので、匂いがどうしてもダメなど合わない場合は断念すべきです。


 家庭用ビワ葉温灸セットもあります
 

ビワの葉温灸セット
もぐさを使わない電気の温灸セット。両手でできる2つセット。

ビワの葉温灸セット 1つ用(片手)

 
びわ葉温灸にも使える電気温灸器

黄帝灸 ナノプラチナ電気温灸器
手軽で使いやすい、人気の電気温灸器。







このエントリーをはてなブックマークに追加