自分でびわエキスを作る方法

湿疹・火傷・傷・手術跡・あせもから化粧水まで、びわエキスは最強の自然療法だと思います。


びわエキスは本当に効果実感が高い!

一度作ると長く使えて「びわエキスがある!」と思うととても安心なんです。
本当にお薦めの「家庭の常備薬」です。
 
びわエキスが効いた症状 あせも

あせもにビワエキスが効く


・誰   自分
・症状  7月(夏)にできたかゆみのある汗疹
・期間  夏の間びわエキスをぬるだけでかゆみや赤みは激減

私は首に汗疹ができやすく、赤くブツブツが出来たり、かゆかったりと不快感があります。
ちなみに母も同じように首の皮膚が弱く、40代に入ってから首にイボができ始めたそうです。。。首の老人性イボは加齢と摩擦で起こりやすいそうですが、たぶん首が痒くてよく掻いていたのが原因だと母は思っています。。。


あせもにびわエキスが効きました
実はびわエキスが一番重宝しているのが、毎年に苦しめられる「汗疹(あせも)」。そのあせもができた部分を清潔にしてから、びわエキス原液をつけます。
すると1回だけでかゆみがだいぶ取れました。だから夏は毎日びわエキスを愛用しています!汗疹で苦しんでいる人に本当にお薦め!

肌荒れを防げると思いますし、血行が良くなり皮膚の新陳代謝を活発にします。それにびわの葉は美白のハーブと言われているので、首やデコルテには最適です。

私の場合は首からデコルテ・肩にかけて、お風呂上りに1年中使っています。
ボディローションとして、肩こりの血行促進として、あせもやイボ予防として欠かせません。

※ただしかゆいからと引っ掻いてしまったら、びわエキスは使わないように!ヒリヒリします。
※ビワエキスで老人性イボが防げるという根拠はありません。血行をよくして尚且つ痒みによる摩擦を防げるので、イボ予防になると信じて使っています。








このエントリーをはてなブックマークに追加